パター上達メソッド〜ITパッティング理論〜

ゴルフで一番重要なのはパターです。
300ヤードのドライバーショットも1mのパットも1打は1打です。

 

実は、私はプロの中では決して“飛ばし屋”ではありませんでしたが
私も飛距離アップを目指して日々努力しました。

 

毎日300球以上の打ち込みや走り込み、筋トレ、ストレッチなどの
トレーニングを欠かしませんでした。

 

しかし、そう簡単には飛距離は伸びないという現実にぶち当たりました。

 

私は、ライバルに負けないように“飛ばそう”、“飛ばそう”とついつい力んでしまいショットの調子も崩れてしまう一方でした。

 

ドライバーショットは、力みのせいでOBも連発してしまっていました。
もちろんスコアは悲惨なものでした。


プロフィール

 

申し遅れました。PGAティーチングプロの竹内雄一郎です。
私は、決して体格に恵まれたゴルファーではありません。

 

プロはの道は、決してへいたんではありませんでした。

 

そんな私が、パターを開眼することによって、他の選手との飛距離の差や体格の差をカバーし、どのようにゴルフを飛躍したのか、ご覧になっていただけたら幸いです。

 

 


メールアドレス(必須)

 

 

 

 

私は、まさにプロを目指す資格はないと感じプロへの道を諦めようともしました。

 

ある時、私はトーナメント中継を見ていました。
そのコースは、私が学生時代キャディーのバイトで何度もプレーしたコースでした。

 

そこで不思議な感覚に陥りました。

 

あれ!?トッププロってそこまで飛ばない!?

 

もちろん300ヤード以上飛ぶプロもいますが、
特にベテランプロの飛距離は決して私が思いっきり負けるような飛距離ではありませんでした。

 

じゃあ、なぜベテランプロはこんな驚異的なスコアでこのコースを攻略しているのか!?

 

私はTVを食い入るように見て、分析しました。

 

 

トーナメントで上位にきているプレーヤーのパターが尋常ではないことに気が付きました。

 

ショートパットは必ず決めてくる。
プレッシャーのかかったパットも何食わぬ顔で決めてくる。

 

私は、この時を境にある結論に至りました。

 

パターに命をかけよう!!

 

 

強靭な肉体

優れた運動神経

優れた反射神経

優れた動体視力

 

パターなら、これらは全く関係ない。止まったボールを打つだけなのだから。
それも体をほんの少し動かしてストロークするだけ。それで全てがきまる。

 

この日を境に私は、パターの研究に明け暮れました。
朝から晩までゴルフ、いやいやパターだけを考えました。

 

やがて私は、以前と違いパターは自信満々になっていました。
飛ばし屋とラウンドしても動じることはありません。

 

 

パーオンしたホールでは、バーディーの確率が格段に上がり
グリーンを外しても、パターに自信があるので自然とアプローチも気が楽になります。
ある程度に寄せられればOK!

 

なので自然と力が抜け、結局アプローチも寄ってしまうのです。

 

私は、パターを開眼したおかげでゴルフはすべてうまくかみ合うようになりました。

 

 

パターを開眼したあと、
私のパターを教えてほしいということでプロやトップアマをコーチすることにしました。

 

パッティングコーチです。

 

パッティングコーチという言葉は、日本ではなじみのない言葉かもしれません。しかし、アメリカのPGAでは誰もが知っている言葉です。

 

PGAのツアープロはみんなコーチをつけています。
しかし、スイングのコーチ、パターのコーチをそれぞれ分けているプレーヤーもいます。

 

パッティングを専門に教えるコーチ、それがパッティングコーチなのです。

 

私がパッティングコーチを務めたトップアマは、試合でも納得のいく成績を上げることに成功しました。
高速グリーンでのコースコンディションでは、
パターこそ試合の結果を大きく左右するからです。

 

次の私の課題は、
果たしてこの理論はアベレージゴルファーでも理解し、成果を上げてくれるのだろうか!?
ということでした。

 

私はレッスン生に対してショット中心のレッスンからパターに重点をおいてレッスンしました。
レッスン生の多くは、短期間でスコアアップに成功することができました。
ベストスコア更新、シングル昇進などの目標をクリアすることができました。

 

なぜならパターはスコアに直結し、
スコアアップはパターの回数を減らすことが一番の近道だからです。

 

それだけでは、ありません。

 

ショット自体もどんどんよくなっていくのが目で見てはっきりわかりました。
なぜなら、パターのレベルを上げることにより、
ラウンド中でのショットも自然とリズムがよくなってくるからです。

 

私は、今まで研究で積み上げてきた理論を教える為に体系化しました。

 

グリップ、アドレス、ストローク、ショートパット、ロングパット、全てを細分化しまとめました。

 

 

私は、この理論を多くのレッスン生に教えることで、
彼らの多くは100切りやシングル入り、クラブチャンピオンなどの目標を
パターを改善・上達することで達成しました。

 

なぜ、そのような目標がパターを改善・上達することで可能になるのか説明致します。

 

ITパッティング理論に詳しく記載しておりますが、
共通してプロからアマチュアゴルファーのパター数は全体のスコアの約4割を占めます。

 

パターがどのクラブよりも多く使用しています。
つまりパターを重点的に練習することがスコアアップの鍵なのです。

 

100が切れなくて悩むゴルファーが100を切るにはどうしたらいいでしょうか?

 

スコア100の人は、パター数はスコアの約4割なので40回もパターをしていることになります。

 

 

この様に、スコア100の人は、通常で4回も3パットをしていることになります。
3パットをなくすだけでも、簡単に100は切れてしまうのです。

 

では、シングルプレーヤーになるにはどうしたらいいでしょうか?

 

シングルプレーヤーと言われる人たちは、簡単に2オン2パットしてパーをとっているとイメージしがちですが、シングルプレーヤーでさえ、パーオンの平均値は3分の1以下です。
つまり、パーオンしたホールできっちり2パットでパーをとり、外したホールではアプローチからパターを決めてパーをとってスコアメイクできる人がシングルになれるのです。

 

 

寄せワンも常にOKの位置には寄せるのは困難です。1〜2mの入れ頃外し頃のパットを沈めるかどうかがシングル入りの鍵となります。

 

しかし、多くの人はショットを中心に練習します。それもドライバーショットを。
確かにドライバーショットでのビックドライブは、みんなからの称賛の声を浴びとても魅力的です。

 

ドラコン賞を総なめし、ロングホール2オンや短いミドルホールの1オンができたら最高だと思います。
でも考えてみてください。全ホールドライバーを使ったところで14回しかドライバーは打ちません。
パターは30回以上使用します。

 

普通に考えても、ドライバーの練習の2倍以上はパターに練習を割かなければいけません。

 

現実、ドライバーの練習が大好きな方が多いのではないでしょうか??

 

そして、ドライバーでの300ヤードはスイングの練習だけではどうにもなりません。
300ヤードのドライバーショットを放つには、身体能力を極限まで磨き上げる必要があります。

 

ドライバーを300ヤード飛ばすために必要なこと パター数を30以下にするために必要なこと
パワー
体の柔軟性
発力の強化
ヘッドスピード
スイング
適正なボールスピン量
タイミング
クラブとスイングの相性
クラブヘッドとシャフトの相性

 

パッティング理論
効率のいい練習

 

300ヤードのドライバーショットを実現させには、これらの要素がすべて噛み合った時なのです。
一方、パターを上達させることに必要なのは、正しい理論、正しい練習法なのです。

 

私は、決して300ヤードのショットを目指すな!とはいっていません。
もちろん、皆様には300ヤードの夢は実現してもらいたいですし、私もプロゴルファーとして飛距離アップは追求していきます。

 

ただ、パターをマスターしていなければ、ドライバーよりまずパターを優先してほしいと思っています。
なぜなら、パター数を30以内にすることの方が、ドライバーの300ヤードよりやるべき項目が少なく、簡単で早いです。

 

私は、富士山(パター)を登頂した後に、エベレスト(飛距離アップ)を制覇してほしいと願っています。

 

何よりパターはスコアに直結し、パターの調子がよければリズムも良くなり、結果ドライバーの調子も上がってきます。

 

このITパッティング理論は、私が研究の末作り上げてきたパター上達法を
誰でも実践できるようになっています。

 

誰でもです。

 

スイング理論は、
その人の筋力や柔軟性、年齢、性別など色々な条件で別れてきますが
ITパッティング理論は老若男女、ハンディなどは一切関係ありません。

 

体格の差を関係なく実践でき、極めれば、プロ以上のパッティング力が身につきます!

 

私は、このITパッティング理論の公開することで皆様のゴルフを変えたいと思っています。
本当にパターが変われば、あなたのゴルフが変わります。
この理論であなたの目標を達成させてみせます!

 

それでは、ITパッティング理論の一部をご紹介しましょう。

 

グリップを柔らかく握ることは、柔らかいタッチを出すには不可欠!
しかし、ついつい入れたい気持ちが先行して強く握ってしまいがちです。
グリップをゆるく握らざるをえないITパッティング理論式グリップ法とは!?

 

パターの実験でも使われ、毎回同じストロークを生み出すパッティングロボットに基づいて
出来上がったITパッティング理論式アドレス法とは!?

 

自分ではチェックしにくい、肩の向き、目線の向きの自己チェック法とは!?

 

使うパターによっても変わってくるリズムとテンポをパターに直接聞く方法とは!?

 

スイングでは、フィニッシュは大事と言われるが、パターのフィニッシュとは!?

 

曲がるラインはカップで●●●●を探し、ど真ん中から入れる方法とは!?

 

コースによって速いグリーンだったり、遅いグリーンを、
自分の●●●●を変えるだけで対応する方法とは!?

 

もちろん、これらは「ほんの一部」の内容に過ぎません。

 

このITパッティング理論であなたは、

 

ショートパットが決まり、3パットがなくなる

スコアが劇的によくなり、目標達成やライバルに勝てる

パターの自信から、ショットやアプローチも良くなる

ノー感が直り、絶妙な距離感やタッチが身につく

効率がよく、正しい練習方法がわかり、最速で上達できる

 

こんな方に向いています。

 

パターが苦手でスコアを崩している方
パターを得意クラブにしたい方
ゴルフの目標を達成したい方
負けたくないライバルがいる方
バーディーをたくさんとりたい方
パターの練習方法に悩んでいる方
パターの基本を知りたい方
ロングパットでタッチが合わず3パットしてしまう方
50cmのショートパットでさえ自信がない方

 

こんな方に向いていません。

 

スコアアップを望まない方。
ゴルフは楽しければそれでいい方。
ゴルフの目標がない方。

 

気になる価格はこちら

 

さて、今回のITパッティング理論は、PDF146ページにパッティングの極意を集約しました。
これは、私が約5年かけて研究したパッティングのノウハウの集約でもあります。

 

私を信じて購入して下さった方全員に上手くなってほしいので
正直、人には教えたくないスゴワザも包み隠さずすべて公開しています

 

今回、このITパッティング理論を期間限定で、

 

5,800円で提供させていただきます。

 

この金額に関して、高いと感じられる方、逆に安いと感じられる方いると思いますが、
私が5年かけて研究した集大成、そしてパッティングコーチとしてプロ、アマたくさんの生徒を教えてきたノウハウをすべて書き記しました。

 

もし、あなたが

 

ゴルフ1回分、飲み代1回分などを我慢してこのITパッティング理論に投資していただけたら私は全力であなたのゴルフを応援致します。

 

いつでも相談してください。

 

私は、このITパッティング理論に包み隠さず私の5年の研究を書き記しました。

 

せっかく購入してくれた方にはしっかり実践してほしいと思っております。

 

私を信じて購入してくれたあなたに本気でうまくなってほしいと思っております。
分からないことや疑問に思ったこと、悩みなどメールしてください。
瞬時の返信はできませんが、私が直接アドバイス致します。

 

あなたの本気に本気でお応えいたします!

 

180日の全額返金保証いたします!

 

もし、あなたがこの『ITパッティング理論』をご覧になり、
しっかり実践したけれども

 

・スコアアップしなかった場合、
・パターが上達しなかった場合、

 

全額返金させていただきます。

 

私は、この『ITパッティング理論』が必ずあなたを
パター上達、そしてスコアアップに導けると心から確信しています。

 

あなたの期待に私のレッスンが応えられなかった場合は、
いさぎよく、全額返金させていただきます。

 

※購入から3ヶ月間は実践期間としてご返金はお断りさせていただいております。
※返金のご連絡は、ご購入から 3ヶ月実践後、180日以内にメールにて申請して下さい。

 

ただし、間違った解釈や取り組みで結果がでないのは、あなたにとっても、
私にとっても悲しいことなので、わからないことはいつでも相談していただけるとうれしいです。

 

info★miuraclub.jp(★を@マークに変えてください。)まで 
件名:返金保証 としてメールを頂ければ原則15営業日以内にご指定の銀行口座に購入代金を全額お振り込みいたします。

 

そこまでできるのは、この『ITパッティング理論』に自信があるからです。

 

5,000円のキャッシュバックさせていただきます。

 

このITパッティング理論を実践され、パターが上達された方、ITパッティング理論によって
スコアアップやゴルフが上達したと実感された方にお客様の声をいただきたいと思います。

 

ITパッティング理論を購入する前のパターの悩みはどんな悩みだったのか。
そして、ITパッティング理論を実践したらパターはどのように上達したのか、
今、ゴルフはどう進化したのかなどのお客様の声をいただけたら幸いです。

 

こちらのホームページに掲載させていただいた方に5,000円のキャッシュバックを差し上げます。

 

私は、このITパッティング理論をもっと世の中に広め、
たくさんの方にゴルフ上達を実現していただき、ゴルフの楽しさを知って頂きたいと思っています。

 

そして、ゴルフ上達の喜びをたくさんのゴルファーと共有したいと思っています。
そのためには、あなたの声が必要です。ご協力いただけたら幸いです。

 

info★miuraclub.jp(★を@マークに変えてください。) まで感想をお待ちしております。

 

最後に・・・

 

あなたはITパッティング理論で、苦手だったパターを得意クラブに変え
ゴルフの目標をクリアすることができるでしょう。

 

300ヤードと1mは同じ一打です。

 

1打の重みを知りパターをマスターすれば飛躍的にゴルフは成長できます!

 

 

 

 

 

あなたの上達を楽しみにしています!

 

 

〜To shine your golf life.〜

 

 

 

Q&A

 

練習を実践するにあたってお金はかかりますか?

自宅のパターマットがあれば十分です。
それ以外には、お金はかかりませんのでご安心してください。

 

練習はゴルフ場のグリーンじゃないとダメなのですか?

ゴルフ場のグリーンじゃなくても大丈夫です。
ITパッティング理論は基本的に自宅で練習できます。
練習メニューも自宅プログラムとして、自宅での練習方法をメインでご紹介しています。

 

146ページの内容をすべて理解し、暗記しなければ上達できませんか?

このメソッドは図解を多く取り入れております。
また、パターをグリップ、アドレス、ショートパット、ロングパット、メンタルなど
細分化していますので理解してステップアップしていけば十分上達できます。
また、ラウンド後に自分のプレーを反省し、弱点の部分を重点的に練習することでさらに効果的に上達できます。

 

体力に自信がありませんが大丈夫ですか?

パッティングに体力や年齢、性別は全く関係ありません。
誰もが実践し、プロと同等に戦えるクラブが唯一パターなのですから。
また、練習プログラムも1日15分以内で終わるように設定してあります。

 

レフティでも実践可能ですか?

レフティーでも、全く同じように実践していただければ大丈夫です。

 

ITパッティング理論で本当に上手なるのですか?

私は、今までプライベートレッスンにてこのITパッティング理論を教えてきました。
多くの生徒さんは、パターだけでなく、パターをきっかけにゴルフ自体もステップアップしてきました。詳しくは下記の実践者の声をご覧ください。

 

お客様の声

 

宮口様 60代

 

 

平均スコアが110から90になりました。

 

私は、遅くからゴルフを始めました。今は、老後の楽しみの一つとしてゴルフを一生懸命練習しています。
目標は、コンペでたくさん優勝する事です。

 

以前の私の平均スコアは110でした。
ショットもそうですが、せっかくグリーン上までたどり着いてもそこから3回、4回とパターをしてしまっている状態でした。

 

ある時、このITパッティング理論に出会いました。
このメソッドは、ステップ方式で私のような初級者でも十分理解できる内容でした。

 

特に、アドレスやグリップなど一から学べ、どのレッスン書よりもわかりやすく独自性がありました。

 

私は、教材の中のITパッティング理論式 自宅プログラムを徹底して練習しました。
とはいえ、一日10分程度ですが、そのプログラムはパッティングに必要な要素をすべて盛り込んだプロフラムでまさに目から鱗でした。

 

その結果、3パットが少なくなり、ショートパットも得意になりました。
グリーン上であたふたすることもなくなりました。

 

パット数だけでもかなりのスコアアップができました。
今後は、パットだけでなく、ショットも練習し、たくさんのコンペで優勝を狙っていきます。

 

 

佐々木様 40代

 

ITパッティング理論でシングル入りできました!

 

昨年は、私のゴルフ人生でもっとも飛躍を遂げた一年でした。

 

シングルプレーヤーを目指し練習に没頭していました。
シングルになるには、70台のスコアを出していかなければいけません。
しかし、私は頑張っても80台前半のスコアばかりで70台を出すこと事ができませんでした。

 

原因は明確でした。
『パター』です。やはり、70台を出すにはショットだけではどうにもなりません。
ピンチをしのぐ、パター。チャンスをものにするパター。
ゴルフのリズムを作るのはすべてパターということは自覚していました。

 

しかし、肝心のパターがうまくいきません。
ロングパットは距離感が合わずに。3パットをしてしまう。
ここぞというショートパットは緊張感に負けて外してしまう。

 

パターからピンチになり、スコアを崩してしまっていました。

 

そんな中、このITパッティング理論に出会いました。
パターの本当の理論が理解でき、今までの自分の悩みを解決してくれました。

 

まず、ステップ方式でITパッティング理論をマスターしていき、
ショートパットやロングパットの練習法を取り入れていきました。

 

ラウンドの前の練習グリーンでは、練習プログラムを実践しラウンドに臨みました。

 

ラウンドを重ねるうちに自分がパターに自信を持っていることに気が付きました。
今まであれだけ距離感が合わなかったロングパットもしっかり寄せることができてきました。

 

プレッシャーのかかるショートパットもしっかり決めることができています。

 

何より、パターが調子がよくなると他もすべて調子がよくなってきます。
ドライバー、ショット、アプローチ、、、すべて自信満々でプレーできるようになりました。

 

スコアは、70台がしっかりでるようになり、
おかげでクラブ競技にも優勝をすることができ、念願のシングルになることができました。

 

今後は、さらにパターを磨き、片手シングルを目指して行きたいと思います。

 

 

三浦様 20代

 

 

2年でシングル、5年でクラチャンになれました!

 

ハンディキャップが10だった僕は、なかなかシングルに昇進できませんでした。
シングルになりたかった僕は、毎日のように練習場に通い、ひたすら打ち込みをしていました。

 

なぜ、こんなにショットがいいのにシングルになれないんだ。
いいショットを連発するものの、スコアはがんばって80台前半でシングルになるには、今ひとつでした。

 

以前の僕はパターがすごく苦手でした。
同伴者からも、
『ショットはいいのにパターが下手すぎだな〜』
とか
『パターはハンディ36だね』
など言われ、本当に自分のパターの下手さに嫌気がさしていました。

 

パターが苦手という意識が本能に植え付けられ、ショートパットに自信がなくなり、短い1〜2mくらいのパターはいつも外していて、3パットを量産していました。

 

ITパッティング理論に出会い、パターが急成長できたと思います。あれだけ外していたショートパットは決まり、ロングパットもしっかり寄せられるようになりました。

 

パターが得意になるとショットも良くなり、ゴルフのリズムや流れがよくなってきます。前のホールでしっかりパターでしのげているので、次のホールのドライバーも自信を持って打つことができます。

 

パターがよくなりすぐにシングルになることができました。

 

また、ゴルフを始めて5年後には、念願のスクラッチチャンピオン、クラブチャンピオンにも輝くことができました。
その勝因は、間違いなくパターだと確信しています。

 

チャンピオン戦の決勝ラウンドになるとさすがに緊張感がMAXになってきます。
緊張感から、ショットも乱れ、グリーンを外す回数は多くなってきました。

 

当然、アプローチも寄り切らず、パター勝負になりました。
僕は、決めるべきパットをITパッティング理論のおかげで決めることができました。

 

最後まで諦めず、パターでしのげていたからこそ、同伴者にもプレッシャーを与えることができ競り勝てたと思います。

 

これからも、一層パターに磨きをかけ、目標に向かってがんばって行きたいと思います。
ありがとうございました。

 

 

菅浩志様 50代

 

ドライバーの練習よりもパットが重要ということが身に染みてわかりました!

 

いつも90台でプレーしていたのですが昨年マグレでハーフパープレーが出てから慢心してしまい全く練習をしていませんでした。

 

今年になって100以上たたくようになりITパッティング理論の購入をきめました。
最初は2mの距離から50球を肩甲骨をつかって打つ事をイメージして練習していました。

 

1ヶ月が経ちコースでプレーしたところ105のスコアでパット数45でした。
全くパットに自信がなくプレーしていたように思います!

 

練習も1回で50球打つため毎日はしていませんでした。

 

そこで、1メートルの距離を毎回同じルーティーンを行い、
ITパッティング理論にある自宅練習プログラムで練習するようにしました。
そして1日10球のみ打つようにしました。

 

それから1ヵ月が経ち6月のコンペで93のスコアでパット数33が出ました。
3パットは1回だけで1m以内は全てきめました。

 

OBが3回ありながらプレーイング4から1パットで上がれたのが何よりの成果です。
今迄ならいつもOBの後は必ずトリプルでした。

 

人間ていうのは不思議なもので自信がつくと上手くなるものです。
今3ヶ月が経ち、毎日の練習も同じようにしていますが、10球打つと1球もそれずにカップインします。

 

そしてクリップも柔らかく握ることができ、肩甲骨を意識しなくても使えるようになりました。そして何よりもパットがうまいとプロみたいでカッコ良いです。

 

ドライバーの練習よりもパットが重要ということが身に染みてわかりました!
本当にありがとうございました。70台を目指して頑張ります。

 

 

 

追伸・・・・

 

このITパッティング理論であなたは、

 

ショートパットが決まり、3パットがなくなる

スコアが劇的によくなり、目標達成やライバルに勝てる

パターの自信から、ショットやアプローチも良くなる

ノー感が直り、絶妙な距離感やタッチが身につく

効率がよく、正しい練習方法がわかり、最速で上達できる

 

 

あなたの上達を楽しみにしています!

 

 

〜To shine your golf life.〜

 


メールアドレス(必須)